JAバンクシステム

JAバンクシステム

JAバンクシステムってなに?

ペイオフ解禁や、金融大競争時代に対応し、より便利で安心なJAバンクになるため、全国のJA・信連・農林中央金庫の総合力を結集。JAバンク法 (※1) に基づいた、実質的に「ひとつの金融機関 (※2)」として活動していく新たな取り組みが「JAバンクシステム」です。このJAバンクシステムを活用し、全体の高度化、専門化などを進めています。

JAバンクシステム
JAバンクシステム

(※1) JAバンク法

  • 正式名称を「農林中央金庫及び特定農水産業協同組合等による信用事業の再編及び強化に関する法律」といい、「JAバンクシステム」が確実に機能し、JAバンク全体としての信頼性向上のために法制度面での裏づけとして整備された法律です。
    この法律で、農林中金は、基本方針(自主ルール)を定め、関係団体と連携しJAバンク会員に対し必要な指導を行うこととされています。

(※2)「ひとつの金融機関」の意味

  • JAバンクは、JAバンク会員 (JA、都道府県段階の信連、全国段階の農林中央金庫) で構成されているグループの名称です。JAバンクはグループ全体のネットワークと総合力で、組合員・利用者の皆さまに「便利で、安心な」サービスを提供します。
安心だから、「JAバンク」が選ばれます
JAバンクには、「JAバンク・セーフティーネット」があります

より安心な金融機関としての信頼を得るために、JAバンクは、「JAバンク・セーフティーネット」を構築しています。まず、公的制度である「貯金保険制度」。そして、「JAバンクシステム」のもとJAバンク全体で経営健全性を確保するための支援制度である「JAバンク支援基金」。この仕組みによって、組合員・利用者の皆様により一層の「安心」をお届けします。

経営の健全化を確立するため、JAバンク全体で新たなシステムを作りました

JAの健全性を確保するためのシステム (破綻未然防止システム) が稼動しました。JAの経営上の問題点の早期発見・早期改善のため、行政の基準よりもさらに厳しいJAバンク独自の自主ルール基準 (自己資本比率、業務体制など) を設定。JAバンク全体で個々のJAの経営状況をチェックし、適切な改善を早期に行います。この新たな仕組みは、法律 (JAバンク法) でも裏付けられています。

便利だから、「JAバンク」が選ばれます
地域・利用者に選ばれるサービスを追及し、開発・提供していきます

JAバンクはITを活用し、JAネットバンクの推進、ATM網の再構築など、皆さまにとって「より利用しやすい金融機関」を目指しています。また、商品面におきましても貯金にとどまらず種々の商品を「ひとつの金融機関」として全国統一で豊富にラインナップし、運用商品などについてもニーズに合った運用方法を提示します。

2012banner.jpg